スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ままごとキッチン製作 *木材組み立て編4*

2013.01.17.Thu.22:00
ままごとキッチン製作過去記事はこちら↓

ままごとキッチン製作 *パーツ購入編 1*
ままごとキッチン製作 *カラーボックス完成*
ままごとキッチン製作 *パーツ購入編2*
ままごとキッチン製作 *パーツ購入編3*
ままごとキッチン製作 *木材組み立て編1*
ままごとキッチン製作 *木材組み立て編2*
ままごとキッチン製作 *木材組み立て編3*



さてさて、一番難しいと思われる作業、天板をくり抜いてシンクをはめ込むという作業。

ままごとキッチン製作ブログを読んでると、ここは皆さん苦労されているようです。

うちの近くのホームセンターではカットサービスは直線のみで、

刃を買えばジグソーを貸してもらえ、専用部屋で自分で作業できるということでした。

悩みましたが糸のこを買って家で作業することに。

ここは夫にお任せしました。



まずはシンクに見立てたホーローバットの形を天板に写します。

更にくり抜く目安としてその内側5mm程のところに線を引きます。

これ、えんぴつで描いたのですが後々消しゴムで消そうと思ったらなかなか消えず苦労しました。

何で描けば良かったんだろ。

次にドリルで穴を開け、そこから糸のこを通し切っていきます。


天板穴開け



写真では目安の線よりも大分内側を切ってますが、

結局何度も何度も糸のこで切り直さなければなりませんでした…

夫が「なるべくぴったりにしたいから」と慎重になり過ぎた結果がこうです…(-_-)

私はもっと外側から切っても良いと思ってたんだけどなぁ…

けれど作業をしてもらってる身なので強くは言えませんでした(^_^;)

その後はのみと金槌を使ったり、金やすりを使ったりで微調整しつつ、

ここまで仕上がりましたー。


天板穴開け



それから紙やすりで断面を滑らかに。

ついでに天板の角の部分(尖っててちょっと危なかったので)と、

表面も紙やすりでやすって滑らかに整えてくれました。

シンクのホーローバットを入れてみるとこんな感じ。


天板穴開け



ボンドで留めないとダメかな?と思ってましたが、

夫が苦労して削ってくれたお陰でほんとにぴったり、

一度はめるとぐらつくこともなく安全です!



この天板を本体に取り付けて、ガスコンロ部分をつけると完成~!

子供のインフルエンザとかあって三連休中は無理だったけど、

今週末には仕上げたいです。

今度こそ!!



*今回の出費*

ねじ(買い足し)105円×3袋 315円

金やすり 105円


計420円



今までの合計19,791円



 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ワンクリックが励みになります!





スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。