スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイバリットショルダー

2015.12.11.Fri.22:00
先日作ったワンショルダー

使い勝手が良くて毎日使ってます!

もう一つくらい作りたいなー、と思っています。

で、今回は別のバッグを作りました。


フェイバリットショルダー



パターンレーベルさんのフェイバリットショルダー、Mサイズ。

生地はマリメッコ、プケッティの帆布。

この生地はぴんたうにゃさんにフィンランドで買ってきて頂いたもの。

多分日本では売ってない…のかな?

お花の中がピンクです。


フェイバリットショルダー



内布はザ・ピンクのツイル。

お花の色に合わせたんですが…

ちょっと派手になってしまいました(^_^;)

まぁ普段こういう色持たないから…

冬の暗い色になりがちな服装に華を添えてくれるかも。



フェイバリットショルダー



マリメッコの帆布がかなりしっかりした生地だったので、

裏地も帆布にすると縫いにくいかな?とツイルにしましたが、

厚手の接着芯を貼ってもまだふにゃふにゃです…

荷物を入れると崩れてしまうので、思い切って裏地も帆布にすれば良かったかもしれません。




フェイバリットショルダー



蓋はパカパカなりそうだったのでマグネットホックをつけました。

口の部分はレシピではバネホックだったのですが、

ずーっと前に使った余りがあると思っていたら勘違いだったので

こちらもマグネットホックにしました。

ちょっと嵩張る…(-_-;)



フェイバリットショルダー



さすがに後ろのポケットにまでマグネットホックつけるのもなぁと思ったのでなしです。



ワンショルダーもそうなんですが、

こちらも私の入れたい荷物が入るぴったりな大きさ。

自転車に乗るので両手があくのもGOOD。

活躍してくれると思います♪



スポンサーサイト

ワンショルダーバッグ

2015.12.03.Thu.22:00

久々に大物?作りましたー。


ワンショルダーバッグ



パタレさんのワンショルダーバッグ Mサイズ。

パーツが多く、裁断の時点で挫折しそうになりました。

本体はマリメッコ、ムイヤのコーティング。

底の合皮は これの131 ハダ(だったと思う)。

これ見た瞬間「ヌメ革みたい!」と思って購入して、届いて思い通りだったので

ウキウキで使ったんですが…

かなりの厚み。

何とか縫えたけど、どんでん返しの返す時!!

すんごぉぉぉく苦労しました。

返し口裂けそうだったし、私も汗だく。寒いのに。

爪もくにゃっとなって「Nooo-!!」となりました…

もう二度とどんでんタイプのものには使わないと決めました(^_^;)

でもこの合皮自体ははしっかりしていて、安っぽくも見えないしいいです!


ワンショルダーバッグ



内布はこちらのベージュとヤマブキ(だったと思う)。

ツートンにしてみました~。

色の組み合わせ気に入っています。

ナイロンを内布に使うの初めてだったと思いますが、汚れにくそうだしいいんじゃないかな~。

キーリングは、使わないだろうからつけなくても良かったかも。

背中側に使った生地が厚いせいか浮いてしまうのです…


ワンショルダーバッグ



背中側は、コーティングだと蒸れそうだな、と帆布使いました 。

 こちらの120番。

最近こういうマスタードっぽい色が好きです。

筒に巻かれてパリッとした状態で届いたのに、

度重なるひっくり返しでしわしわに…

ナイロンやコーティング使ってるからアイロンかけようにも高温は使えないし、

蒸気でシューシューやってみたけどダメでした。

まぁ普段は見えない場所だし。


ワンショルダーバッグ



近づいてみるとタックが寄ってる所があったりとダメダメですが、

パッと見市販品「っぽい」のが作れるのはパタレさんのパターンがすごいからですね。

最初はパターン一つにパターン本1冊買えるくらい出すなんてと思っていましたが、

解説も丁寧だし人気の理由も分かりました。

ただ。

支払方法がもう少し豊富ならいいな~…



ファブリックパネルとミトン

2015.11.25.Wed.22:00

去年ネイルにもした → マリメッコ、クーシコッサの生地、ファブリックパネルにしました。


ファブリックパネルとミトン



コーナンで40×40cm、厚さ2cmの発泡スチロールを3つ買ってきて、

このままいけるかな~と思ったのですが、若干布が足りず。

縦横3cmずつ切ってから布でくるみました。

どうせ裏は見えないからと布テープで貼りつけただけ。


ファブリックパネルとミトン



パネル自体も布テープを輪っかにして壁に貼っていましたが、

さすがにそれでは重みに耐えきれず落下してしまい…

フックでつけました(^_^;)

ちなみに右上に写っている白いフックはいつもハンドメイド品をひっかけて撮影しているフックです(笑)



さて次はミトン。


ファブリックパネルとミトン



こちらもマリメッコのプータルフリンパルハートという生地で。

裏地は薄手の黒です。


ファブリックパネルとミトン



これに厚手のキルト芯と薄手のキルト芯の2枚を挟んでいるので、

合計8枚の布を重ねて縫っています。

ずれて縫えてなくてやり直したり、簡単な形のはずなのに時間がかかりました。

左右非対称だけど…まぁ家で使うものだし。

柄が可愛くてキッチンに引っかけているだけで気分が上がります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。